2010年06月11日

<自殺>「いじめられた友を救えず」と中3男子 川崎市で(毎日新聞)

 川崎市教委は9日、同市麻生区に住む市立中学3年の男子生徒(14)が、7日に自宅で心肺停止状態で見つかり、死亡したと発表した。神奈川県警麻生署は残された遺書などから、いじめられた友人を助けられないことを苦に硫化水素を使って自殺したとみている。

 同署によると、7日午後4時50分ごろ、生徒が自宅トイレであおむけに倒れているのを帰宅した母親(44)が見つけ119番した。約1時間後、搬送先の病院で薬物中毒による死亡が確認された。トイレには硫化水素を発生させたとみられる薬剤などの空容器とバケツがあった。

 トイレにあったA4判の遺書には、いじめを受けたという友人の名前があり「救えなかった」と悩んだ様子のほか「ごめんなさい」「14年間生きて楽しかった」などと書かれていたという。

 市教委によると生徒の通っていた多摩区の中学校は、生徒の周辺でのいじめを把握していないという。生徒は6日まで2泊3日の修学旅行に参加していたが、悩んだ様子はなく、7日は代休だった。【川端智子】

【関連ニュース】
子どもたちの伝言:うずしおの地から/107 いじめ対策 /四国
京都のいじめ転校訴訟:元同級生のいじめ認定 55万円支払い命令−−地裁 /京都
県いじめ防止推進大会:傍観者を仲裁者に 鳴門教育大の阪根准教授が講演 /岡山
県いじめ防止推進大会:いじめについて考えよう 中区で31日 /岡山
教育相談:09年度、不登校1325件で最多 議会文教委に報告−−県教委 /岡山

弁護士か?法律事務所で男性刺され重傷/横浜(カナロコ)
<鳩山首相辞任表明>両院議員総会詳細5止 「新しい民主党、新しい政権をおつくりいただきたい」(毎日新聞)
<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
小・中学生、新学期の心配は「勉強」「友達」 「頑張りたい」1位は理数系(産経新聞)
グーグル、書籍検索機能をウェブ検索に統合
posted by シノダ ヒロフミ at 03:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。